お皿にお絵描き

2011.11.17 Thursday

0
    先日、ポーセラーツ教室に参加し、、、上絵付けに挑戦しました

    私にとって白磁に絵付けをすることは、ただの理由付けで、


    自由に描くこと。

    その時間、かくかくしかじかの雑務を忘れ没頭すること。

    知らない人と世間話をすること。


    そんな気兼ねない楽な時間を得ましたよ

    癒しですね


    焼き上がり、自宅に届いたお皿は使いやすそうだし満足してます

    …が、しかし「あっ!」っとぉ…些細な、ほんとうに些細な描き忘れ発見

    私は、ケアレスミスが多いのぉ

    とほほ。遊びなのに反省点が残ってしまった


    しかしながら、筆に手がノって描きたいものが出て来る感じは快感

    やっぱ描くことは気持ち良いです



    又、時に私もスノードームワークショップを仕切る立場でもあり…

    ポーセラーツ教室に参加し、生徒の気持ちから見えて来るものもありました。

    スノードームワークショップにも活かしていきたいです



    参加したお教室は「salondememe」さんです。

    またポーセラーツを楽しみたいと思います



    着信のみで察しが付く

    2011.11.07 Monday

    0
      平日の昼間、妹から電話がありました。
      そうです、今年も甥っ子が通う幼稚園バザーの季節。
      (甥っ子の幼稚園では、一つは未使用の既製品、もう一つは手作りの品と2品用意して参加する義務があるそうです)

      「姉さん、手芸部で作って余っている手作りのもの無い?」…と、
      昨年と一言一句変化無い、妹の言葉が電話口から聞こえてきます。

      今年の私は若干違えて、
      「姉さん(私)は、そこそこ忙しいし風邪気味だし、自分で作ってみれば?」
      「あらかた出来上がっている手芸キットでもいいじゃん?」
      「キットは吉祥寺のどこそこにあるよ!」…と断りに提案も交えました。

      すると妹、食い下がり。
      「糸を通すとかだけでもイライラしてきて周りへ悪影響だから、頼むよ姉さん!」

      まぁこんな具合で、
      何が有っても作らぬ!という強い意志をお持ちの妹には、真っ正面からの断りも届かず、
      やっぱり今年も私が作ることになり、、、
      納期ギリギリで妹へ届けたのは「コースター」←手抜きか!

      手抜きじゃありませんよ!
      天にむけて言い訳しますが、言った通り私は忙しかったし風邪だったんです。
      それでもAさんから頂いたお気に入りの生地まで使ったんですよ。
      キノコ柄は、吉祥寺ママ達に受入れてもらえるだろうか?と一瞬考えた上で
      吉祥寺ママなら大丈夫だろう…っと使用に踏み切ったんですよ。



      ps.妹と甥っ子は、黒子の様な私を労ってくれるだろうか?
      (恩着せがましいと私もおもいますがね)

      リメイク

      2011.08.26 Friday

      0
        断捨離って言葉が出現する前から
        私の理想は、がらぁ〜んとした、だだっピロイお寺の本堂の様なお家。

        「物は要らないグー」…かと言って、女だもの買わない訳じゃなくてお金汗
        じわじわ曇り物が溜まり曇り

        あぁ〜〜なんか〜〜リフレッシュしたい温泉
        「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴーピピピ」って気前良く捨てたくなる時がやって来ます。

        そして、指先に宿る小器用の神様降臨。
        捨てる前に、とりあえず試してみるリメイク工具

        10年くらい前に600円くらいで買った籠バッグに
        端切れや、捨てる洋服から取っておいたボタンなどでで作ったコサージュを付けてひらめき
        更に5年くらいイケル!?ってものに。






        捨てる洋服を分解した布でカルトナージュひらめき
        箱を一度に4つも作ると、豊な気持ちで作るカルトナージュであるはずなのに…内職疲労。
        ついつい出ちゃう職人気質であっても、いっぺんに作るもんじゃないモゴモゴ




        捨てる予定だったジーパンをスカートにひらめき
        王道のジーパン崩し。



        しかしね…これup…作ってから気づいちゃった大失敗があって唖然
        なんと!まだ履く予定のジーパンを崩しちゃったのよね悲しい

        焦って作ったから、この有様冷や汗

        たまにやって来る失敗で失恋ハートブレイク
        ジーパンの損害は大きくムニョムニョ大反省!

        何事にも慎重に…忙しくとも注意深く…仕事でもそうよね…と、
        痛みを伴って我に返り、お灸も良し。
        リメイクして良かった…。


        で…結局、なにか捨てたかな?

        梅雨は縫い物

        2011.06.16 Thursday

        0
          洗濯物の乾きぷりも、いまいち芳しくない梅雨時期。
          うぬっと思い立って、家にあった布で枕カバーを縫い増量しました。

          家にあった布…

          印刷物好きだからプリント布も好きで、
          吉祥寺のCOTTONFIELDはぎれセールで無目的にまとめ買いしたものが、タンス1段を占領して眠っています。

          そんな有り合わせの布だから、
          小花柄の裏面は真っ赤。こんなお婆ちゃんセンスな枕カバーになりました。



          プラス、我家の布団カバーは黄緑。(Francfrancのセールで買った鮮やかな黄緑色)
          意図したわけでもないのに、寝室は爽やかで春の様にうららか。草原の夢が見られそう…。

          で、そんじょそこらの成人男性なら、
          こんな枕カバーに頭を置いた時点で、似合わなぁ〜い(笑)が一般的で、
          よくよく嫁仕立ての家に、お父さんマッチしてない!なんてことが多いんだけど。

          ところがどっこい。私の旦那。
          こんな花柄も難無く受入れる、人畜無害な外見(←私のひいき目だと思うけどね)


          平和だなー。

          ありもの

          2011.03.31 Thursday

          0
            以前に頂いた、お塩の空き瓶。
            少し大切に残したい思いがあって、家にある刺繍糸と麻ひもで飾り付けてみました。



            なんとなく色調子をみながら、空き瓶に巻き付け、
            ポイントに小さなアップリケを貼付け完成。



            沈丁花。いい香りで、好きな花のうちの一つです。



            こんな、簡単工作手芸のこつは、ガチガチに神経質に作らない「ざっくり感」だと思います。


            春になったな。

            眼鏡は顔の一部です

            2011.02.03 Thursday

            0
              眼鏡は顔の一部です〜。だ〜か〜ら〜大切に使っています。

              外用、パソコン用、お家用と頻繁に使ってる眼鏡3個。
              いちいちケースに仕舞うのも面倒だしと、

              またまた頂いた、お茶菓子の箱を使って眼鏡置き作りました。
              箱に端切れ布を貼るだけだから1時間たらずで完成!簡単ながら達成感あります。



              貧乏性のアドレナリン出しまくりで、
              ボンドは薄すぎるかな?って不安になるくらいに薄める!とピッチリ貼れます。

              捨てるに勿体ないもの

              2011.01.20 Thursday

              0
                両口屋是清の羊羹を頂きました。

                羊羹って、手にした重量が嬉しさの重みそのもの。
                甘さギッシリで、食べごたえズッシリ。羊羹、お茶、羊羹、お茶、を繰り返す至福のラリーね。
                特に深夜。静まりかえったところで羊羹。たまらない。


                でね、立派な箱。

                捨てるに勿体なくて、何かに使えるんじゃないか?って、
                とりあえず仕舞っておこうかなって思うこと良くあるよね?

                で実際、使えるんだよね。使う機会も出てくるし。

                それで、以下、図工をやってみました。



                1.下地塗り。



                2.色柄塗り。
                久しぶりにアクリル絵の具をこねて
                絵の具の発色の良さを、手に伝わる触感込みで見てると、エネルギーが伝わってくる感じがして。
                色にのせられたというか。
                モニターやプリントじゃない、そこにあるリアル感が新鮮、気持ちよくて。
                絵を描くことから遠ざかっていたことにも気づいたし、なんか色々楽しかったの。

                赤ドット。青ストライプ。シルバーにパステルピンク水玉。




                3.内側に貼る布選び。
                印刷物好きだから、布(柄)も好きで、ちょいちょいストック買いしているんです。



                4.寸法通りにボンドで貼って完成。
                箱が、より捨てるに惜しい物に変身しました。

                ペンを入れたり、名刺を入れたり、重宝させます。



                羊羹を贈ってくれてありがとう!
                楽しんだよ!

                べっ別にいいけど…

                2010.11.10 Wednesday

                0
                  突然、妹からの電話。(電話はいつも突然だけどね)

                  妹>
                  「あのさぁ〜、息子の幼稚園でバザーがあって、条件がこうこうで…」
                  「手作りの物、1品提出絶対なんだよね、なんか手作りの物ない?」

                  いつも通り威圧的な口ぶりで、バザーの品を工面して欲しいって依頼電話。

                  私>
                  「急に、手作りの物って言われたって。」
                  「使いたいものがあるから手作り、、、つ、つまり手芸をしたりするだけで、
                  趣味にのめり込む性格じゃないから、人に分けるものなど有りませんよ。」

                  …ひと呼吸の間。

                  妹>「じゃあユザワヤで、なんか手作りに見える物、売ってないかなぁ〜?。」
                  私>「えっ!ユザワヤに、しょぼいお金出すくらいなら、なんとかするよ!!」

                  自分で言ってから、「はっ!」と驚く、この貧乏根性。
                  そして「時も金なり」感の欠如。

                  暇を持て余す程、時間があるわけじゃないのに、
                  妹の口ぶり、、、ってよりユザワヤに負けて、承諾してしまった。トホホ。


                  それで、作った品。左に見えるは、髪の毛を結うゴムです。
                  合わせて、ほんの30分くらいで作ったとは思えぬ出来映えに、
                  私ってほんと器用だな〜、指先が動くんだよね〜って。。。(慰め)



                  鍋専用座布団

                  2010.10.27 Wednesday

                  0
                    友達から、6年くらい前に貰った手作りの鍋敷き(=友達作、初代鍋敷き)は、
                    毎日毎日、熱々の鍋やらポットやらを受け止めてきてくれただけあって、クタクタ状態。
                    汚れると、洗ったり、干したり、又、洗ったり、干したりの繰り返しの末でもあります。

                    とうとう本日、長年のお役を終えて、世代交代としました。

                    初代は、友達チョイスの生地でパッチワークしてある、そりゃ可愛いもので。
                    二代目も、初代同様に、パッチワークで、作ってみました。

                    ただ、綿を入れすぎたみたいで、鍋敷きと言うより、
                    鍋専用座布団のような出来映え。
                    この重いルクルーゼに押し潰してもらって丁度です。



                    こんな、鍋専用座布団ですが、
                    「専用」って言葉は、ちゃんとしてる感じがして、まんざらでもないなと自画自賛。

                    専用って、お誂えってことだもんね。
                    大切にしようと思えてくるよね。

                    ちょっとしたものにも「専用」を付けると見違えるように愛着がわいてくるわ。

                    こういうことが意匠かな

                    2010.06.29 Tuesday

                    0
                      私は、デザイン、DTP仕事もしているくせに、
                      グラフィックデザイナーでは無いなと思ってます。

                      だから名刺には、あやふやな肩書きを添えてあります。

                      知っている人は知っている私の仕事の領域、それでいいと思っていたのですが…
                      そろそろフリーになって3年、ちゃんとしようと目論みだしました。

                      ちゃんとの準備整ったら、報告しますね。(年内目標!)



                      さて、それとは別腹で。
                      本当はこういうことをデザインするというんだろうな〜って、ことをしてみました。

                      毎年毎年、夏になると、手首回りにジャストなバングルが欲しくなるんですが。
                      なかなか、気持ちもサイズもジャストなのが無くて。

                      とうとう、デザインして作って頂きました。

                      あっデザインしたというと大袈裟で。

                      8sさんのお店で、ちょちょっと紙に絵を描きながら相談させてもらって、
                      針金でこんな具合…と感じを確認して、形にしてもらいました。




                      この風合いは8sさんの味です。いい感じで気に入ってます。



                      この2本の稜線が、交差したりのデザイン意図、私の中にはあります。
                      私の、なま白い手首に似合っていると思います。日焼け厳禁、自画自賛。


                      やっぱデザインしたって感じがするなー。楽しかった。


                      8sさん、思った通りのものにしてくれてありがとうございます。
                      大切にします。