みんないい日時計ができました

2018.08.13 Monday

0

     

     

    7月末の危険な猛暑も少し納まって

    夏休みも後半になりますね。

     

    レポート遅くなりましたが

    夏休みが始まってすぐの 7月29日に川口にあるメディアセブンさんで

    日時計ワークショップをさせていただきました。

    たくさんの子が応募してくださったようです。興味をもっていただきとても嬉しかったです。

     

    当日は、元気な小学生22名が集まり、まず受付をしてから材料を手にとり着席してもらいました。

     

     

    子ども達の色選びは即決が多くて頼もしいかぎりです。

     

     

    みんなが席についたところでメディアセブンさんの進行で始まりました。

     

    まずは、一人ずつの自己紹介。

     

    みんなの前でちゃんと自己紹介できる小学生に、さっそく感心していました。

     

     

    子ども達に感心している間に、いよいよ私の拙い説明開始。

    保護者さんは後ろの席で見守ってくださってます。授業参観状態。笑

     

     

    工作の手順説明ならまだしも、今回は理科の先生っぽいことに初挑戦。

    それでもなんとか、子ども達の反応をうかがいながら太陽の動き、日時計の仕組みを紹介してから

    日時計作りに入りました。

     

     

    工作となれば、子ども達はやる気いっぱい。

    想像していたよりも上手で早く進んでゆきました。

     

     

    邪魔しちゃいけない集中している顔が見えたら、離れないとね。

    私は見守り役。息を潜めて。

     

     

    子ども達に、道具の使い方、危ない使い方は伝えて注意をするけれど、

     

    細かいところの説明をする時も見守り役です。

    子ども達が作っているものには手を触れずに、こちらのサンプルを見せるだけ。

     

    心がけは触らないように。作っているものに対しては

    「こうしたほうが良いんじゃない?」って誘導するようなこと言わないように。

     

     

    子どもは、私が想像しているよりも、ずっとずっと、その子らしい良い物を作ってくれます。

     

     

    最後に、作った日時計で実際に時刻を知ることができるのか実験

    あんなにヘタッピだった私の説明でも、子ども達は日時計の使い方を理解してくれたようで…笑

     

     

    方角や水平を守って時刻を確認してくれました。

    子どもって、すごいね。

     

     

    ワークショップをすると、

    子どもの理解力、やる気、集中力、エネルギーで満ちている感じ、

    そんなことにいつも私が驚かされてばっかり。

     

    短い時間でしたが夏休みの思い出、自由研究になったかな…。

     

     

    そして、今回も企画から準備、告知、当日の進行、メディアセブンの方には

    たくさんお世話になりました。

     

    記録の写真も子ども達のいい顔をたくさん撮ってくれてありがとうございます。

    可愛いなぁ〜と思いながら眺めましたよ。ありがとうございました。

     

     

    _____________________

     

    chovonのサイトはこちらです。

    イラストやキャラクターデザインの仕事など

    お気軽にご相談ください。

     

    http://chovon.com​

    _____________________

     

    JUGEMテーマ:お仕事のイラストレーション&デザイン

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL