chovon SHOP出店も終わりました・ありがとうございました。

2015.08.28 Friday

0
    あの猛暑もバタバタとすぎて
    急に涼しくなりましたね。

    湘南T-siteにある SQUARE Gallery FERMENTさんへの
    chovon SHOP出店も終わりました。

    足をとめていただいたり遠いところから来て下さった方
    HYUさんのワークショップに参加して楽しんでくれた方
    Gallery スタッフの皆さん、心からありがとうございました。



    chovon SHOPのWEBへは近日中に商品をUPします。

    そして、chovon SHOPは、今後もお店などへの出店を考えています。
    それには営業ですよね…。
    営業が苦手な私ですが、やってみないことには始まらない。

    そうです、やらなくちゃ。


    chovon SHOPをやりたい、やらないと!と始めた理由はいくつかありますが
    その一つは、実際に売ることを通して「作る」「伝える」「運営する」ことを
    やってみたかった。体感したかったからです。

    私の仕事は、企業さんとのやりとり B to Bがほとんどです。
    B(企業さん)の先にはC(消費者さん)がいます。
    chovon SHOPで試行錯誤しながら体感しているB to C は
    デザイン仕事への刺激にもなっています。


    そして作家のHYUさんとAkaneさん、所々で本当にいいことを言うんですよ。
    私たち、見え方は違いますが根っこは一緒、共通するところが多いんです。

    例えば、HYUさん
    オーガニック系のことや草木染めというと田舎や郊外で
    作家活動をしているようなイメージがあると思いますが
    HYUさんも都会暮らしです。

    都会に暮らしていても、日々の暮らしにあるものに目を向ければ
    一見ゴミになってしまうようなものでも、まだまだ使えたり用途を変えて変身させたりすることができる。
    そんなことを言っていました。


    それはデザインの考え方と共通すると思います。
    デザインも、なにも無いところからアイディアが突然はじまるのではなくて、何かと何かをくっつけたり。
    あることを整えたり見方を変えてみたり、工夫だと思っています。

    私は、そのデザインの気持ちを伝えたくて
    デザイン仕事の傍、何かしら作るワークショップをやっています。
    またまだ伝えることができてないのが力不足ですよね…。

    そして、Akaneさんも生活を楽しむコツを知っていて、
    いつもギュッと目を引く洋服を着ています。
    たぶん楽しいから、そういう服を着ていると思うんです。


    小さなこと些細なことを楽しんでいれば
    都会のカツカツした早い消費サイクルを
    自分でコントロールすることだって出来るんじゃないかなと思って。


    デザインすることは目には見えませんね。


    鉛筆2鉛筆2鉛筆2鉛筆2鉛筆2鉛筆2鉛筆2鉛筆2

    渋谷PARCO , 4F にあるWRAPPLE wrapping and D.I.Y
    オリジナルマスキングテープをデザインしました。販売中です。


    鉛筆2鉛筆2鉛筆2鉛筆2鉛筆2鉛筆2鉛筆2鉛筆2

    仕事のご相談・ご依頼はこちらまで、宜しくお願いします。

    chovon design|http://chovon.com

    chovon SHOP|http://chovon.base.ec


    JUGEMテーマ:お仕事のイラストレーション&デザイン
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL